財務諸表論は努力が報われる科目

税理士試験の中で一番取り組みやすかったのが
財務諸表論です。

財務諸表論って努力が報われやすい科目なんです。
他の科目は年度によってはクセが凄い問題が出題されたりして
これまでの勉強が、無意味にすら感じることがあるものです。

その点、財務諸表論は問われ方がシンプルなので
コツコツ積み上げて勉強すればするほど
ダイレクトに点数に結びつきやすいんです。

そして、簿記論とセットで勉強することで
トータルの勉強時間を短縮できるメリットがあるのも大きいです。

理論は簿記論にはありませんが
計算は簿記論の第三問にソックリです。

簿記論第三問を極めた私にはすこぶる相性の良い
問題だったわけですが
財務諸表論の計算はそこまでのテクニックは要求されてない印象です。

表示科目が短期なのか長期なのか?とか
注記事項だったか否か?とか
財務諸表論独特の論点をしっかり押さえておけば
計算問題はすんなりいけますね。

じゃあ理論は?

私は完璧さを捨てました。
ザックリと、広く浅く網羅的に押さえました。

というのも、税法のような正確さは
あまり求められておらず
制度の理解が問われてることが多いので
キーワードを押さえてあとは自分の言葉で書けば
得点は貰えます。

まあ、基準ベタで書け!って問題は
正確に書かないといけないですが
ウェイト的には少ないですからね。

理論は勉強時間をかければかける程
伸びる論点なので
まだ1科目も持ってない、という方は
自信をつける意味でも財務諸表論は受験する価値があるかと思います。

この記事へのコメント